So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone6sは本当に売れている?論議される事そのものが人気の証か(苦笑) [Apple]

iphone6sureteruno.jpg

発売から3日間の販売台数で、歴代iPhoneで最も売れたとされる「iPhone6s


見た目には、昨年のiPhone6と変わりなく、中身の変化が大きかったのですが、今年は、中国でも同時発売というのが功を奏したため、初動の販売台数を牽引したのは、確かに中国と言っていいでしょう。


予約方法の徹底もあって、日本でも例年のような中国人の転売屋は激減したことからも明らかです・・・汗


そんな、iPhone6sですが、ここにきて、「本当に売れているの?」といった、論議されているようです。


そのキッカケとされているのが、Appleの主要サプライヤーである、「Pegatron」が、iPhone6sの製造のための従業員の募集を予定より早めて打ち切った事があるとされています。


時を同じく、中国では、iPhoneの製造ラインが停止され、多くの中国人が働き場所を失って就活で人が溢れているという報道もありました。


しかも、Pegatronの工場の従業員の声として、「今ここを去らないと、どのみちクビになるかもしれないので怖い」といったものまで紹介されています。


そのような事から、「iPhone6sは実際はあまり売れていないのでは?」といった声が出ているのです。



売れているか売れていないか論議される時点で良くも悪くも人気の高さを証明?



iPhone6sは、デザイン的な変化はなく、スペックの向上や新機能の追加など、見た目には分からない大きな変化があります。


しかし、円安などの影響も含め、本体価格が日本では、ほとんどのモデルで10万を超えるような状態で(ドコモのみ10万以内に価格設定)もはや簡単に機種変更ともいかないという意識がユーザーに働いているのは確かでしょう。


2年縛りなどもあり、来年でるであろう、iPhone7(仮)まで待とうというユーザーも相当数いると思います。


そういった意味では、iPhone6sの販売台数が伸び悩んだとしても、なんら不思議はありません。


ただ、Appleの業績が好調なのは確かです(苦笑)


なんだかんだで、全モデルのiPhone6を6sが販売台数で上回った事も明らかとされています。


それでも、ここにきて販売台数の鈍化が起きているということはあると思われます。


Appleが、iPhone6からそれまでのとは明らかに違う戦略を打ち出し、デザインも大きさも変えてきたことから、残念な気持ちになったAppleファンがいたのも事実。


そのデザインやサイズを踏襲したiPhone6sへの乗り換えを躊躇しているユーザーが一定数いることを思えば、そういった状況はあり得ると言ってもいいかもしれません。


どちらにしても、iPhone6sが本当に売れているのかどうかは、来年のAppleの決算が明らかになるまで待つしかないと思います。


そもそも、こういった話題が大きく取り上げられ時点で、Apple、そしてiPhoneがいかに世界中から注目をされているということを再確認できますね(苦笑)


なんだかんだで、みんなiPhoneが好きなのでしょう・・・・・。


共通テーマ:パソコン・インターネット

すでに定価割れなのに食品と見せかけiPhoneを密輸をしようとした中国人女性って [Apple]

iphonetyugokutenbaiya.jpg

毎年、新しいモデルが出るたびに日本のアップルストアでも中国人の転売屋が殺到してひと騒動が定番の光景でしたが、今年の「iPhone6s/6splus」では、そのようなおなじみの光景はほぼ見られなかったと報道されていました。


それもそのはず、今回は、Apple中国でも発売日を日本等と同時に開始したため、自国での通常購入が可能になったからです。


おかげで転売屋は気合いを入れてiPhoneを仕入れる必要がなくなってしまいました。


それでも、中国では、オークション等で、iPhone6sなどが出品されていますが、Appleが対中国を意識して大量生産した関係もあって、定価割れが当たり前の状態になっているようで、転売のうま味はほとんどないようです。


しかし、それでもiPhoneというAppleブランドで一儲けしようとしている中国人がそれなりにいる事自体は変らない様で、今回、深圳の税関で一人の中国人女性がiPhone密輸をしようとして御用となりました。



iPhoneを食品に見せかけるも重量でバレる!



今回、iPhoneの密輸容疑で御用となった、中国人女性は、食品の販売を営んでいる商人だそうです。


深圳と香港の間に位置する中英街というとこで食品の販売をしているらしく、この時もリヤカーで野菜カゴやバケツを積んで税関に訪れたところ、税関職員が、リアカーに載せてあった、秤の数値が積み荷と比べ、明らかにありえない数値を示している事に気づいたのだそうです。


中身を確認したい税関職員に対して、この女性は意味不明な弁明をしたり、急いでいると起こり始めるなど、明らかにおかしな言動で、職員がバケツの中を確認したところ、中には大量のiPhoneが詰まっていたそうです・・・。


その数、全49台。


iPhone6s/6splusと昨年発売のiPhone6も含まれていたそうです。


昨年までのような大きな儲けも期待できない中、薄利多売でもiPhoneを密輸するリスクを負う意味がよく分かりませんね(汗)


中国では、過去にも同じく女性が体にiPhoneを巻き付けて密輸しようとして御用となったケースがありましたが、あちらの女性の商魂には頭が下がるというよりも、失笑というのが正直なところです。


こういうことからも、改めて、Appleのブランドの高さを窺い知ることができました・・・

共通テーマ:日記・雑感

UAEにアップルストアがついにオープン!Appleの強気の交渉実る? [Apple]

Appleが、セレブしかいない都市?UAEこと、アラブ首長国連邦にアップルストアオープンしました。

applestore_dobai.jpg

(出典:http://news.livedoor.com/article/detail/10769519/)


今回オープンしたのは、ドバイとアブダビの2店舗だそうです。


かねてから出店の交渉を重ねてきた、AppleとUAEですが、UAEでは外国資本の出資比率へ制限があるため、交渉は難航していたようです。


何故なら、Appleとしては、資本を自社100%の完全経営権でなければ、UAEへの出店は困難と拒否していたからです。


このあたりの強気の交渉は、ジョブズからの名残とも言えますね(汗)


UAEへ出店となれば、iPhoneの普及を中心にAppleにとってはとても美味しい市場だけに妥協しそうなものですが、負けませんねん・・・。


結果的に、UAEが折れる形で、出資比率をAppleに対しては制限を特別に解除し、無事出店となったようです。


ある意味、恐るべしApple。


そして、iPhoneやMacって感じでしょうか(苦笑)


ちなみに、ドバイ店の方のアップルストアオープン時の様子が、YouTubeでも紹介されていましたので、ご参考までにどうぞ。




UAEでも相当数のApple製品が売れるのは間違いないので、さらに利益が上がるでしょう。

だから、元々高価なApple製品が円安の影響もあって、さらに高額となっている、我らがジャパンでの値下げを検討してほしいものです・・・。


日本国民は、相当Appleに貢献してますよね?


これだけ、iPhone好きな国も中々ないでしょう(汗)

iPhone6s高すぎwww



共通テーマ:ニュース

MacBookの売れ行きが悪くて、Airの新モデルの発売延期か? [Apple]

air2016enkika.jpg


iPhoneやiPadの新モデルが発売される中、MacBook Airの新モデルの市場への投入が延期されたと噂されています。


その理由が、Macの新たなラインナップ、「MacBook」の売れ行きがよろしくないことが影響しているというのです。


ただでさえ、パソコンの売れ行き不振が叫ばれる中、Macとて例外でないようで、販売台数が、伸び悩んでいるようです。

そもそも、MacBook ProとMacBook Airの中間的な存在と言える「MacBook」


スペックも微妙で、リンゴマークは光らないという、まるで、iPhoneをパソコンにしました的な位置づけが、どことなく市場から微妙な空気を生み出しているようにすら感じます(汗)


パソコン販売不振もMacはまだましな方?



日本に限らず、本国アメリカでもMacの販売は落ち込んでいるようです。

とはいえ、他社に比べれば、Appleについてはマシなほうらしく・・・。


それでも、日本の円安同様にアメリカでもドル高が進んでおり、Macも値上げされており、売れ行きに影響が出ているそうな。


これだけ、スマホやタブレットが普及したら、個人利用ではパソコンの重要性がそれほど高くないのは容易に想像できます。

ましてや、Appleまで乗っかってしまった、スマホの巨大化。


もはやスマートフォンでもなんでもありません(苦笑)


今後も若年層のパソコン離れは進むのでしょうし、Appleに限らず、パソコンメーカー各社にとっては、頭の痛いところでしょう・・・


MacBook Airの新モデルは2016年登場で11インチが消える



年内の発売はどうやらなさそうな、MacBook Airですが、来年の登場はほぼ間違いないようですね。


しかも、MacBook Air2016(仮)では、11インチモデルがなくなり、13インチと15インチになると見られています。


さらに薄型になるとも言われており、Apple信者にとっては気になるところでしょう。

でも、Airに15インチはいらない気がします。


Airの場合、その持ち運びの便利さというのがありますので、11インチと13インチがあれば十分です。

15インチがいるなら、MacBook Proでいい気がする(あくまで個人の感想です)


今後もAppleが、MacBook AirをProのようなハイスペックモデルにするとは思えませんし、もしそれをするならProはいらなくなるというか・・・。


それならそれで、いいと思いますが。

というか、Appleは新製品を続々投入しますが、ジョブズ健在の頃は、まず削ぎ落とすところから始まり、製品を絞り込んでいました。


今のAppleは、どちらかと言えば、ジョブズを追放した頃のAppleに近い気がします(汗)


まあ、あの当時とは状況が違いますから、あのような衰退はないのかもしれませんが、どこか余計なものが増えているような気がするAppleです(苦笑)


そういえば、iMacの21.5インチモデルが4Kに対応しましたが、高いですね(汗)

円安の影響もあるとしても、やっぱりMacは高級品ですよね。


今のものを大事に使ってできるだけ長持ちさせなければ・・・汗



共通テーマ:パソコン・インターネット

iPhone6sのサイズやデザインは複雑だけどカメラ機能の凄さに心揺れる [Apple]

例年と比べ、日本での発売日も穏やかだった「iPhone6s」


Apple中国も同時発売にするなど、出荷数も増やした影響で、バカ売れはしているものの、品薄に悩まされるようなことはない感じですね。


個人的には、どうにもカメラが飛びだした、らしくないデザインと、他社に追随する格好の本体サイズの巨大化もあって、iPhone5sでしばらくいこうと、6sを見送っているところです。


しかし、カメラが趣味な自分としては、動画の方でiPhone6sが気になりだして困ってます・・・。


発売前は、さほど意識していなかった、4K動画。


実際にiPhone6sで撮影された動画をみるまではね。


でも、見てしまったら、気になって仕方ないですね(苦笑)


スマホでここまでの動画撮影できちゃうなんて。


「iPhone6s カメラ編CM」YouTubeより




困った困った(汗)


2016年に出るであろう、iPhone7に照準を合わせていたので、5sの2年縛りが、後ちょうど1年あるんですよね。


あ〜でも気になる。


動画作りたい衝動にかられていますが、一先ずは、愛機である、NikonのD7100に、動画の方でも目を向けるようにしようと思います。


4Kではないけど、これはこれで結構な美動画が撮れますからね・・・笑

タグ:4K動画 iphone6s

共通テーマ:動画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。