So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

すでに定価割れなのに食品と見せかけiPhoneを密輸をしようとした中国人女性って [Apple]

iphonetyugokutenbaiya.jpg

毎年、新しいモデルが出るたびに日本のアップルストアでも中国人の転売屋が殺到してひと騒動が定番の光景でしたが、今年の「iPhone6s/6splus」では、そのようなおなじみの光景はほぼ見られなかったと報道されていました。


それもそのはず、今回は、Apple中国でも発売日を日本等と同時に開始したため、自国での通常購入が可能になったからです。


おかげで転売屋は気合いを入れてiPhoneを仕入れる必要がなくなってしまいました。


それでも、中国では、オークション等で、iPhone6sなどが出品されていますが、Appleが対中国を意識して大量生産した関係もあって、定価割れが当たり前の状態になっているようで、転売のうま味はほとんどないようです。


しかし、それでもiPhoneというAppleブランドで一儲けしようとしている中国人がそれなりにいる事自体は変らない様で、今回、深圳の税関で一人の中国人女性がiPhone密輸をしようとして御用となりました。



iPhoneを食品に見せかけるも重量でバレる!



今回、iPhoneの密輸容疑で御用となった、中国人女性は、食品の販売を営んでいる商人だそうです。


深圳と香港の間に位置する中英街というとこで食品の販売をしているらしく、この時もリヤカーで野菜カゴやバケツを積んで税関に訪れたところ、税関職員が、リアカーに載せてあった、秤の数値が積み荷と比べ、明らかにありえない数値を示している事に気づいたのだそうです。


中身を確認したい税関職員に対して、この女性は意味不明な弁明をしたり、急いでいると起こり始めるなど、明らかにおかしな言動で、職員がバケツの中を確認したところ、中には大量のiPhoneが詰まっていたそうです・・・。


その数、全49台。


iPhone6s/6splusと昨年発売のiPhone6も含まれていたそうです。


昨年までのような大きな儲けも期待できない中、薄利多売でもiPhoneを密輸するリスクを負う意味がよく分かりませんね(汗)


中国では、過去にも同じく女性が体にiPhoneを巻き付けて密輸しようとして御用となったケースがありましたが、あちらの女性の商魂には頭が下がるというよりも、失笑というのが正直なところです。


こういうことからも、改めて、Appleのブランドの高さを窺い知ることができました・・・

出て当然?Appleの広告ブロックアプリ使用ユーザーをブロックするニュースサイト登場! [ウェブの話題]

adBlock.jpg


Appleが新しくブラウザの「Safari」に導入した拡張機能、「コンテンツブロッカー」

いわゆる、サイトやブログなどで表示される広告を非表示にし、ページの表示速度向上に繋がるとされる機能です。


発表当初から、広告を配信する側からは批判的な意見が多く見られました。

使用するユーザーにしてみれば、自分にとって不要な広告の表示が消えるというのはありがたいというではあっても、賛否が巻き起こったのは確かです。


Appleという巨大帝国が大々的に実施することで、AdBlockといったアプリの存在が大きく取り上げられている状況にあり、意見はどうしても別れるところです。


しかし、その結果、絶対でると思っていましたが、広告をブロックするアプリを導入しているユーザーに対し、サイトの閲覧を逆にブロックする対策をとったニュースサイトが登場して話題となっています。



情報提供する側の事情を反映した結果、逆にブロックは当然?



今回、取り上げられているのは、ドイツのメディアで、「Axel Springer」というニュースサイトです。


AdBlockを始めとするアプリを使用して、広告をブロックしたユーザーがサイトを訪れた際は、「広告ブロックがアクティブなので表示することができません」といった、メッセージが画面上に表示されるようにしたそうです。


axelspringer.jpg

(画像引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/10774438/)


この場合、広告ブロックをオフにすれば、閲覧が可能とのメッセージも表示されるそうです。


それでも、広告ブロックを行う場合は、有料登録をすればサイトの閲覧ができる様になるようです・・・。


でも、当然と言えば当然の対応だと思います。


そもそも、なぜ、国内外の多くのニュースサイトや情報サイトが無料で閲覧できるかといえば、広告収入があるからです。


有料の母体もあって、併せて無料の母体をもっているケースもありますが、基本無料で運営されているサービス等は、広告収入があるから、ユーザーは無料で利用できるのです。


それをブロックされては、運営する側とすれば、ただの奉仕活動です。


奉仕だけではビジネスは成り立ちませんので、今回のドイツのメディアが行動に移していなかったとしても、いずれどこかがやることです。


現在、ネットユーザーの5%くらいが、広告ブロック機能を利用しているとされています。

たかが5%と侮れない状況が今後起こりうると想定している企業は多いでしょう。


今後も、今回のようなケースが増加すると見られますが、個人的にも、今回のAppleの行動は好ましくないと思っています。


結局は、アプリを介しての自社広告収入をアップするためですから。。。


どんだけがめついのかと思うくらいです(汗)


金、金、金でApple製品の品質に影響がでなければいいのですが・・・・・



広告ブロックすることで、結局報酬を貰ってる現実はまさに賄賂状態?



広告をブロックするアプリを提供する側からすれば、ユーザーのネット閲覧の快適にするという大義名分があるように見えますが、実際には、お金さえ払えば、広告を表示出来る様にする、いわゆる「ホワイトリスト」に入れて、広告が表示されるようなケースもあります。


その基準も曖昧な気がしますし、結局はそこでのお金です。


言わば、中抜きみたいなものですよね。


広告が悪というのならば、広告ブロックも、また悪ということだとしか思えないのですが、今後この問題は、どうなっていくのでしょうか・・・。


一応、自分も某アプリを購入して試しに使ってみましたが、結局使うのを止めました。


サイトによっては、ログインもできなくなるケースがあったりもしたので、実際なにを規準にブロックしているかもよくわからないので要りません(苦笑)


やっぱり、ビジネスの基本は、「WIN WIN」だと思いますので、使わないでおきます。

UAEにアップルストアがついにオープン!Appleの強気の交渉実る? [Apple]

Appleが、セレブしかいない都市?UAEこと、アラブ首長国連邦にアップルストアオープンしました。

applestore_dobai.jpg

(出典:http://news.livedoor.com/article/detail/10769519/)


今回オープンしたのは、ドバイとアブダビの2店舗だそうです。


かねてから出店の交渉を重ねてきた、AppleとUAEですが、UAEでは外国資本の出資比率へ制限があるため、交渉は難航していたようです。


何故なら、Appleとしては、資本を自社100%の完全経営権でなければ、UAEへの出店は困難と拒否していたからです。


このあたりの強気の交渉は、ジョブズからの名残とも言えますね(汗)


UAEへ出店となれば、iPhoneの普及を中心にAppleにとってはとても美味しい市場だけに妥協しそうなものですが、負けませんねん・・・。


結果的に、UAEが折れる形で、出資比率をAppleに対しては制限を特別に解除し、無事出店となったようです。


ある意味、恐るべしApple。


そして、iPhoneやMacって感じでしょうか(苦笑)


ちなみに、ドバイ店の方のアップルストアオープン時の様子が、YouTubeでも紹介されていましたので、ご参考までにどうぞ。




UAEでも相当数のApple製品が売れるのは間違いないので、さらに利益が上がるでしょう。

だから、元々高価なApple製品が円安の影響もあって、さらに高額となっている、我らがジャパンでの値下げを検討してほしいものです・・・。


日本国民は、相当Appleに貢献してますよね?


これだけ、iPhone好きな国も中々ないでしょう(汗)

iPhone6s高すぎwww


Amazonがパソコンストアのリニューアル記念で得盛りキャンペーン開催中 [ネットショッピング]

この度、Amazonパソコンストアがリニューアルをした関係で、ストアのPRを踏まえ、「パソコン得盛りキャンペーン」を10月23日(金)から開催しています。


amazontokumori.jpg
(画像引用元:Amazonパソコンストアより)


通常でも、大幅値引きやタイムセールなど、Amazonにはお得なパソコンや周辺機器が多数ありますが、そこからさらに、キャンペーン用のクーポンコードが注文時に表示され値引きとるようです。


ちなみに、Amazon一押し?となっているのが、Windows搭載ペンタブレットが20台限定で3万OFF。


300台限定で、Acerのパソコン、2in1PCが、3,000円OFF。


その他、2inPCが、2,000円OFF(500台限定)

といったランナップがあります。


得盛りキャンペーンは、11月いっぱい開催されますので、年内のパソコンなどの買い替え時には要チェックではないでしょうか。


Amazonの場合、週替わりの特化品も毎週金曜にアップされますので、お気をつけ下さい。


意外と高い、「2in1PC」だけに、少しでも安くというが実情ですよね。


特に、民間企業などでは、公務員みたいに当たり前のようにボーナスが出る訳ではないので、どれだけ出費を抑えるかは重要です。


だからAmazonの需要は高まる一方で、地方の家電量販店が苦戦することになるのでしょうけど。。。


やはりこのあたりは、国民の税金で飯を食う官僚から意識を変えないと、地方公務員まで意識改革は難しいでしょうね。


政治が悪いと日本の貧富の差は加速するのは間違いないので、いいかげん目を覚まして欲しいものです。


でも、その政治家どもにいいようにやられて、これまで何も言わなかった自分を始めとする国民にも問題があると言えばそれまでですが(苦笑)



うん?なんの話でしたっけ(汗)



Amazonのパソコンストア得盛りキャンペーンの話から脱線しましたが、それだけ色々あるということです・・・。


ノジマオンラインの「お楽しみ箱」でまさかの悲劇を味わった人が出たらしい [ネットショッピング]

otanosimihbako.jpg

普段、Amazonメインで、時々、ヨドバシドットコムを利用するのですが、ノジマオンラインは1回だけ、両店で欲しかった物が品切れで、その他ショップで検討後に、利用したことがあるくらいです。


なので、ノジマオンラインのお楽しみ箱の存在は知りませんでした。


どうやら、定期的に販売されていて、かなりの人気ですぐに売り切れてしまうみたいですね。


お楽しみ箱だけに、実際に届くまで何が届くか分からないドキドキ感が楽しめるのでしょうけど、その反面、期待が外れたときのダメージは気がかりです(苦笑)


そんな、ノジマオンラインの「お楽しみ箱


価格は税別で5,000円で、10月は、PS4とPS Vitaがセットになった、「プレイステーション満喫セット」なる5,000円どころではない、超当たり箱が1名に。


これが1等で、2等は、小型度ローンで、こちらは3名だそうです。

3等が、色々な商品の詰め合わとなっており、合計10,000円分以上だそうです。


残念ながら、これらの賞に漏れると、「参加賞」となってしまい、「必ず使える生活必需品」というものになるそうです。


1等と2等以外は、届いてみないと中身が分からないということになります。

しかし、このたびの「お楽しみ箱」では、参加賞で、ちょっとした悲劇があったらしいのです。


参加賞で購入代金未満の商品が届いてしまう事態に



本来、ワクワク感を楽しみながら、届いた商品に一喜一憂するはずの、お楽しみ箱


しかし、今回のノジマオンラインでは、「一憂」のみとなったケースが、参加賞で発生したらしいのです。

お楽しみ箱を購入出来た方が、Twitterでその悲劇を伝えているのですが、その方が手にしたものは・・・・・「水」


ミネラルです。

水は確かに生活必需品です。


悪くないきもしますが、問題は、届いたその数量。


なんと、500mlペットボトルの24本入りが1ケースです(汗)





どうみても、今どき500ml×24本で、5,000円の元は取れないはず。

案の定、この方は、ノジマオンラインで、そのミネラルウォーターの価格をチェックされたそうです。


その結果、税込みで3,096円(爆)


ありえない事が起こっています・・・。


これは確かにショックでしょう。


支払い金額を下回る商品は問題ないのか?


ここで、判断が難しくなっているのが、ノジマオンラインの「お楽しみ箱」は、福袋ではないということのようです。


福袋だと、金額を何円相当といった表記・表現を行いますので、明らかに市場価格と比較して、それ以下だとなると、景品表示法違反とかになるのですが、今回の参加賞には、中身の商品に対する価格の表記がないため、該当しないみたいなのです。


3等は、10,000円以上となっていますが、参加賞はあくまで参加賞のようで。

ただ、今回の件についての違法性に関しては、ノジマオンライン、そして消費者庁共に、調査するようです。


一刻も早く、この参加賞を手にしたかたへの救済を願いたいところです。

水なら水で、もう2箱つけて3箱なら、お得感あるのに・・・。


でも、それも都会の人ならいいけど、田舎の水が美味いところに住んでいいたら微妙。


まあ、それは結果論なので、せめてお楽しみと謳っている以上は、楽しませてほしいということが言いたいだけです(汗)

MacBookの売れ行きが悪くて、Airの新モデルの発売延期か? [Apple]

air2016enkika.jpg


iPhoneやiPadの新モデルが発売される中、MacBook Airの新モデルの市場への投入が延期されたと噂されています。


その理由が、Macの新たなラインナップ、「MacBook」の売れ行きがよろしくないことが影響しているというのです。


ただでさえ、パソコンの売れ行き不振が叫ばれる中、Macとて例外でないようで、販売台数が、伸び悩んでいるようです。

そもそも、MacBook ProとMacBook Airの中間的な存在と言える「MacBook」


スペックも微妙で、リンゴマークは光らないという、まるで、iPhoneをパソコンにしました的な位置づけが、どことなく市場から微妙な空気を生み出しているようにすら感じます(汗)


パソコン販売不振もMacはまだましな方?



日本に限らず、本国アメリカでもMacの販売は落ち込んでいるようです。

とはいえ、他社に比べれば、Appleについてはマシなほうらしく・・・。


それでも、日本の円安同様にアメリカでもドル高が進んでおり、Macも値上げされており、売れ行きに影響が出ているそうな。


これだけ、スマホやタブレットが普及したら、個人利用ではパソコンの重要性がそれほど高くないのは容易に想像できます。

ましてや、Appleまで乗っかってしまった、スマホの巨大化。


もはやスマートフォンでもなんでもありません(苦笑)


今後も若年層のパソコン離れは進むのでしょうし、Appleに限らず、パソコンメーカー各社にとっては、頭の痛いところでしょう・・・


MacBook Airの新モデルは2016年登場で11インチが消える



年内の発売はどうやらなさそうな、MacBook Airですが、来年の登場はほぼ間違いないようですね。


しかも、MacBook Air2016(仮)では、11インチモデルがなくなり、13インチと15インチになると見られています。


さらに薄型になるとも言われており、Apple信者にとっては気になるところでしょう。

でも、Airに15インチはいらない気がします。


Airの場合、その持ち運びの便利さというのがありますので、11インチと13インチがあれば十分です。

15インチがいるなら、MacBook Proでいい気がする(あくまで個人の感想です)


今後もAppleが、MacBook AirをProのようなハイスペックモデルにするとは思えませんし、もしそれをするならProはいらなくなるというか・・・。


それならそれで、いいと思いますが。

というか、Appleは新製品を続々投入しますが、ジョブズ健在の頃は、まず削ぎ落とすところから始まり、製品を絞り込んでいました。


今のAppleは、どちらかと言えば、ジョブズを追放した頃のAppleに近い気がします(汗)


まあ、あの当時とは状況が違いますから、あのような衰退はないのかもしれませんが、どこか余計なものが増えているような気がするAppleです(苦笑)


そういえば、iMacの21.5インチモデルが4Kに対応しましたが、高いですね(汗)

円安の影響もあるとしても、やっぱりMacは高級品ですよね。


今のものを大事に使ってできるだけ長持ちさせなければ・・・汗


iPhone6sのサイズやデザインは複雑だけどカメラ機能の凄さに心揺れる [Apple]

例年と比べ、日本での発売日も穏やかだった「iPhone6s」


Apple中国も同時発売にするなど、出荷数も増やした影響で、バカ売れはしているものの、品薄に悩まされるようなことはない感じですね。


個人的には、どうにもカメラが飛びだした、らしくないデザインと、他社に追随する格好の本体サイズの巨大化もあって、iPhone5sでしばらくいこうと、6sを見送っているところです。


しかし、カメラが趣味な自分としては、動画の方でiPhone6sが気になりだして困ってます・・・。


発売前は、さほど意識していなかった、4K動画。


実際にiPhone6sで撮影された動画をみるまではね。


でも、見てしまったら、気になって仕方ないですね(苦笑)


スマホでここまでの動画撮影できちゃうなんて。


「iPhone6s カメラ編CM」YouTubeより




困った困った(汗)


2016年に出るであろう、iPhone7に照準を合わせていたので、5sの2年縛りが、後ちょうど1年あるんですよね。


あ〜でも気になる。


動画作りたい衝動にかられていますが、一先ずは、愛機である、NikonのD7100に、動画の方でも目を向けるようにしようと思います。


4Kではないけど、これはこれで結構な美動画が撮れますからね・・・笑

タグ:4K動画 iphone6s

学生のためのアプリ甲子園2015、優勝は小学生!アプリ開発のキッカケに驚愕 [アプリ関連]

applikousien.jpg

(出典:アプリ甲子園公式サイト https://www.applikoshien.jp)


小中高生のスマホアプリ開発者が己の作品を競う、アプリ甲子園2015の決勝戦が10月25日(日)に開催され、中学生でも高校生でもなく、小学生の作成したアプリが優勝を飾りました!


アプリ甲子園2015の決勝は、10組によりプレゼンが行われ、小学6年生の、中馬慎之祐(ちゅうましんのすけ)君という、今時の小学生のキラキラネームとは無縁の男のが頂点に立ちました。


中馬君のアプリは、食物アレルギー情報を確認できる「アレジー」という作品です。


アレジーは、外食などの際に、その食物に自分のアレルゲンが含まれているのかどうかを確認することができるというアプリで、凄い事に、海外のレストランでも使用できるように、外国語表示にも対応しているのですよ(汗)


なんでしょうね・・・


できる子はこうやって、才能を開花させていくのですよね。

しかも、この中馬君。


昨年。パリ旅行に行った際に、自分自身の食物アレルギーをフランス語が話せなくて、伝えられなかった事が、今回のアプリ開発のきっかけだったそうで。


家柄のよろしいガチセレブってことしょうか(汗)


しかも、アプリ甲子園が公開している、中馬君の紹介動画をみる限り、英語が堪能な気配なのですが・・・汗





自分が子供の頃には、特撮ヒーローになることを夢みていたものですが(苦笑)


今時の子供の中には、スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグなどに憧れ目指しているケースも少なくないのかもしれませんね。


でも、意外とこういう子供に限って、親は、まだ専用のスマホとかもたしていなかったりするのでしょうね(苦笑)

その変わり、家では、Macが自由に使える環境だったりするのでしょう・・・。



アプリ甲子園とは?



小中高生が参加する「アプリ甲子園」とは、そのままずばり、若手クリエイターの育成・発掘を支援する事が目的です。


大会が初めて開催されたのは、2011年で、今年で5回目になります。


ちなみに、今回の応募作品は1,334点にも上るそうで、今後も増加の一途をたどるのは間違いないでしょう。


アプリ甲子園では、審査員5名の手によって、プレゼンから、実際のアプリの操作、そしてソースコードの確認まで行い、実装力も採点の対象となります。


しかも、アプリ甲子園は、ニコ生でも中継されていたようで、その注目度も年々高まっています。


元々、物作りでは世界トップレベルの日本なのですから、クリエイティブな分野で、もっともっと日本の10代が活躍する姿がみてみたいのは確かです。


果たして、今回のアプリ甲子園で決勝の舞台まで進んだ学生の中から、世界を驚かせるクリエイターが誕生するのか?


楽しみですよ。
- | 次の10件

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。